トップページへ ご挨拶受診案内診療内容施設・機器リンク



症 状

骨の主成分であるカルシウムが、骨から溶け出してしまうために、骨の組織(骨量、骨密度)が減ってしまう病気です。特に、太もも(大腿骨)や背ぼね、手首といった負担の大きい部分が骨折しやすくなり、寝たきりの原因にもなります。しかも、骨折するまでは自覚症状がほとんどないことが特徴です。
また骨の量を保つ役割をもつのは女性ホルモンです。そのため女性は閉経後、骨粗鬆症になりやすいので注意が必要です。

治 療

初期段階では、日常の食生活においてカルシウム摂取を心がけたバランスの良い食事をとるようにします。また、リハビリテーションなどの運動や日光浴も効果的です。症状が進んだ段階においては、骨が溶けるのを抑える薬、骨の形成を助ける薬、吸収と形成の骨代謝を調節する薬などを処方します。

健康な骨 骨粗鬆症の骨
 
フォトフェイシャル
処 置

フォトフェイシャルはお顔全体に有効な光をあてることで素肌が持つ本来の美しさを呼びさまし、若々しい素肌に改善していく、医療の世界の最先端スキンケア。

光を当てることで沈着してしまったメラニンにダメージを与えると同時にコラーゲンの再生を活性化させるので、お肌への負担がほとんどなく、内側から自然に美しい肌がつくりあげられるのです。

※2008年2月より、施術を受けやすい料金に改定いたしました。ぜひフォトフェイシャルの素晴らしさを体験下さい。

フォトフェイシャル ※施術は全額自己負担となります
フォトフェイシャル料金表
 

処 置

ピアッシング(耳たぶに小孔《ピアスホール》をあける処置)をしています。
ピアスを外しても穴が塞がらないようにするためには、

(1)施術後1ヶ月位はピアスを外さないでいること
(2)最初は18金のアクセサリーピアスではなく、刺激の少ない専用ピアスをつけることです。

また、小孔をあけた後に炎症などが起きた場合も責任を持って対応しますので、お気軽にご相談ください。



 







| ご挨拶 | 受診案内 | 診療内容 | 施設・機器 | リンク | HOME |
ホームページに掲載された写真画像・文章の転載複製使用を禁止します。
Copyright©2016 Inutsuka Surgical Clinic.All Rights Reserved.